【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!
■電験3種スピード合格術■

電検三種 合格率

電検三種の合格率は?

電検三種の合格率はだいたい以下のとおりですが、科目別合格
があるので、各科目での合格率はもう少し高くなります。

年  度   受験申込者  受験者  合格者  合格率
昭和60年度  27,601  20,788  2,343  11.3%
昭和61年度  28,896  20,584  2,201  10.7%
昭和62年度  32,528  22,248  2,232  10.0%
昭和63年度  32,419  22,312  2,778  12.5%
平成1年度  28,029  21,269  2,371  11.1%
平成2年度   28,414  20,609  2,548  12.4%
平成3年度  28,221  20,565  3,195  15.5%
平成4年度   31,825  23,021  3,334  14.5%
平成5年度   33,557  24,323  3,490  14.3%
平成6年度   39,037  28,548  3,903  13.7%
平成7年度   50,597  39,077  4,160  10.6%
平成8年度   62,759 51,895  8,646  16.7%
平成9年度   70,362  59,025  7,982  13.5%
平成10年度  65,836  54,386  5,804  10.7%
平成11年度  63,594  52,358  6,238  11.9%
平成12年度  67,354  55,767  6,703  12.0%
平成13年度  65,604  53,446  6,490  12.1%
平成14年度  66,867  53,804  4,364   8.1%
平成15年度  67,966  51,480  5,336  10.4%
平成16年度  59,919  44,661  3,851   8.6%
平成17年度  56,676  42,390  4,831  11.4%
平成18年度  54,611  41,133  4,416  10.7%


電検三種合格率(科目別)
 
年度   理論   電力   機械   法規
-----------------------------------------------
2003  21.7%  28.2%  13.0%  14.5%
2002  13.1%  14.3%  13.5%  26.6%
2001  30.8%  25.2%  19.5%  29.4%
2000  21.4%  16.0%  16.2%  28.7%
1999  24.5%  42.6%  26.1%  21.4%
1998  51.5%  28.6%  27.8%  35.8%
1997  23.7%  34.3%  11.8%  19.7%
1996  48.7%  30.3%  36.3%  30.1%
1995  32.7%  45.0%  34.5%  34.0%



コラム

電検三種と電力小売自由化について

電検三種と特定規模電気事業者の進出について

平成12年以降、順次自由化が進む電力会社以外による電力の小売は、今年の春までに20社以上の企業がPPSの申請を終え、すでに大口の需要契約では、既存の電力会社から市場を奪いつつある。今後、PPSによる一般家庭向けの電力小売自由化が、いつ解禁になるのか注目されるが、早ければ来年とも言われている。今後、特定規模電気事業者における電気主任技術者(電検三種)の活躍が期待されます。



sen1.gif

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。