【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!
■電験3種スピード合格術■

コラム

電検三種と電力小売自由化について

電検三種と特定規模電気事業者の進出について

平成12年以降、順次自由化が進む電力会社以外による電力の小売は、今年の春までに20社以上の企業がPPSの申請を終え、すでに大口の需要契約では、既存の電力会社から市場を奪いつつある。今後、PPSによる一般家庭向けの電力小売自由化が、いつ解禁になるのか注目されるが、早ければ来年とも言われている。今後、特定規模電気事業者における電気主任技術者(電検三種)の活躍が期待されます。





コラム

電験三種とインターネット

電験三種の問題はイメージしにくいという話を聞きます。

確かに、理論にでてくる電気回路は、実物が存在しないものですし、機械の電動機や発電機などは、仕事で扱っている人でなければ、なかなか中まで見ることはありません。また、電力、法規で取り上げる発電所や送電設備、受電設備なども同様です。
「見たことがあれば合格できる。」というものでもありませんが、知っていれば問題をイメージしやすく、有利になることは確かです。

そのためにはインターネットを活用することをおすすめします。
インターネットにはたくさんの写真や文章、図などが公開されています。もちろん自分の知りたいものが詳しくでているとは限りませんが、中には充分に参考となるものもあります。

映像をいろいろ探しながらとイメージしてみると、意外な発見もあって勉強したことが頭の中で映像といっしょに定着して、面白みが出てきます。

コラム

電検三種取得に職業や出身学校は関係ある?

電検三種は電気の国家資格です。すると、電気関係の学校を卒業していると、試験に有利になるのでしょうか?
実は、ほとんど関係ありません。

かくいう、私も普通化高校卒です。

電検三種は、工業高校電気科程度のレベルです。数学にしても基礎がしっかり出来ていればもんだいありません。


それから、電気関係の仕事をしている方が有利なのでしょうか?
これも、あまり関係ありません。

試験と実務とは、まったく別物なのです。
電検三種の免状を持っていないとできない仕事はありますが、実際に電気設備管理の現場で、「計算式を使って何かの数値を求める」というようなことはほとんどありません。電検三種の試験と実際の仕事は重なるところはごく僅かです。

要するに、できるだけ、効率のよい学習方法を選択するすることが大切です。

電検三種に合格するためには、出身校や職業は関係ありません。
大切なのは、本人の努力と知恵です。

コラム

電検三種はどの科目から勉強する?

電験三種を目指すとき、まず、最初は数学から勉強するのがいいです。
数学は電験三種の問題を解くための「道具」です。とにかく道具を揃えないと何もできません。

次に力を入れるのは「理論」が良いと思います。
「理論」は電験三種4科目の中では「機械」についで合格しにくい科目と言われています。しかし他の3科目との関連が多く、「電力」「法規」といった比較的合格しやすい科目も「理論」で学習する内容が、ある程度、理解できていると、かなりスムーズに進むことができるからです。
その後は、特に順序は関係なく、自分の好みで決めても、差し支えありません。
この「理論」と他の科目との関連以外にも、科目間の関連はありますが、それは全科目の学習が一通り終わってからでも充分です。

コラム

電力供給、全面自由化へ

電力供給の自由化は平成12年から、高圧電気の使用者に対して順次行われ、東京ガス、大阪ガス、日立、東芝などの企業が特定規模電気事業者(PPS)として、電力業界に参入しました。
そして、今年の4月からは、一般家庭向けを含む、電力供給の全面自由化への政府による検討が始まります。早期に結論を出したいとの意向も示され、いよいよ利用者が電力会社を選ぶ時代が間近となってきました。

このような生活に密着した規制緩和は企業にとって、新しいビジネスチャンスともなり、更に多くの企業による電力業界参入が考えられます。
ただし、電気の安定した供給が当然、求められることから、電気系技術者の確保は必要不可欠であり、改めて電気系資格者に対する募集が増えることでしょう。
特に電気主任技術者は、電気設備の保全管理がおもな業務となる資格であることから、安定した電気供給を支える技術者として、より一層、重要な資格となります。

コラム

電力供給の自由化

電力供給の自由化は平成12年から、高圧電気の使用者に対して順次行われ、東京ガス、大阪ガス、日立、東芝などの企業が特定規模電気事業者(PPS)として、電力業界に参入しました。

そして、今年の4月からは、一般家庭向けを含む、電力供給の全面自由化への政府による検討が始まります。早期に結論を出したいとの意向も示され、いよいよ利用者が電力会社を選ぶ時代が間近となってきました。

このような生活に密着した規制緩和は企業にとって、新しいビジネスチャンスともなり、更に多くの企業による電力業界参入が考えられます。

ただし、電気の安定した供給が当然、求められることから、電気系技術者の確保は必要不可欠であり、改めて電気系資格者に対する募集が増えることでしょう。

特に電気主任技術者は、電気設備の保全管理がおもな業務となる資格であることから、安定した電気供給を支える技術者として、より一層、重要な資格となります。

コラム

電検三種 おすすめの通信講座@

私は、会社がそろそろ危なそうな感じがしていて、このままじゃ一家路頭に迷うのではないかと危機感を強めていました。

そんな切羽つまった状況の中、電検三種に挑みました。

本屋で何気なく参考書を探していると、「電気書院」の雑誌をふと手にとってぱらぱらとめくっていくと「電検三種ビデオコース」というのがありました。

私は、「これだ!!」と直感しました。ビールも飲まず、2年間、必死で勉強できたのはこの教材にめぐり合えたからでした。ぜひ、オススメデス。ご覧下さい。⇒⇒福本先生のビデオ学習

今、私ども家族が路頭に迷わず、楽しく暮らしていられるのは『福本先生のおかげ』です。

私が、試験に合格して、転職してから数ヵ月後、会社は倒産したのですから・・・。(いや、ホント)

コラム

難関突破、電検三種

電検三種を目指して私は、2年かかりました。

最近、わかってきましたが本当はもっと効率よく短期間にできる電検三種に向いた学習法がたくさんあるのでス。

でも、あの当時は結構必死で勉強しました。

一生の内であんなに勉強したことはありません。

今では、思い出ですが、毎日、ビールも飲まずにひたすら勉強しました。

でも、そのおかげで何とか転職のときに有利な条件で採用されました。

やはり履歴書の免状の項目の「電検三種」が効きました。

うれしかったです。

一番大切なのはやはり、自分に合った勉強方法を見つけることかなと思います。
sen1.gif

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。