【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでもラクラク身につく!
■電験3種スピード合格術■

電検三種とは

電検三種 難易度・就職・仕事

電検三種の試験と就職

試験の難易度・・・・結構難しい。近年合格率は6〜8%程度
就職状況・・・・ 就職はこの資格だけでもOKです。要するに飯を食える資格です。有資格者の需要が求められており、給料などの面についても優遇されています。
仕事内容・・・・ 電気設備の運転、点検・検査、変更の工事など日常行われる業務の中で、保安上の考慮が十分なされているかを監視し、十分でない場合は指導および指示を行います。

参考書はこちら 問題集はこちら




電検三種とは

電検三種のメリット

電検三種は電気業界では一番と言って良いくらい値打ちのある資格です(二種、一種は別格)。
電力、保安、電気工事、設備管理、会社の電気課などでは電検三種をもっていると言ったら一目おかれますし、当然就職には有利です。
会社によっては、資格手当てが出るところもあります。大体、月3000円から、多いところでは3万円というのも聞いたことがあります。
また、電検三種をもっていることによって、電気工事施工管理技士等の電気系の他の資格の受験資格が得られ、仕事の幅を広げられる可能性もあります。しかし、なんと言っても、就職・転職には断然有利なことは間違いなしです。

電検三種とは

電験三種は、上級資格に直結する資格

電検三種は実務経験によって上級資格を無試験で取得することが可能です!
これは電験三種資格を持っている人が所定の年数、実務に携わったという“就労証明”があれば認定される制度があるからです。経験だけによって無試験で上級資格の取れる国家資格は他にあまり例がなく、こうした点からも電験三種は大変有利な資格と言えます。

電検三種とは

電験三種は電気関係の仕事には欠かせない資格です。

電験三種は、工場などに設置する一定規模内の電気工作物に対して、電気が安全に使用されるよう、保安や監督・運営をおこなう電気のエリート技術者です。
電力需要が増大している現代において、その社会的ニーズゆえに、周囲の評価も安定して高い注目の国家資格です。

《社会的ニーズが高い!》
最近ではオール電化の住宅やマンションも登場、小型発電所も多く、電力需要は安定して高いものがあります。
将来的にも安定したニーズが見込める資格です。

《会社での評価が大幅アップ!》
電験三種は、電気業界におけるグレードが高く、それゆえ有資格者は評価されます。電験三種を持っていれば職場にとって貴重な存在。資格手当や昇進・昇給などの好待遇の会社もたくさんあります。

《関連業界への就・転職にも強い》
現在電気業界に身を置く人はもちろん、これから電力・電鉄・ビル管理などの業界へ就・転職を考えている人にとっても、電験三種は、大きな力になること間違いなし!

電検三種とは

電検三種は一生もんの資格

平成16年1月の法改正により、電気設備の保全管理業務が自由化されました。これにより、ビル管理、設備管理会社、電気工事業、大手家電メーカー等が、この事業に新規参入を始めています。
ゆえに、電検三種の資格者の確保が急務となっており電検三種の資格者に対する求人も急増しています。
しかも、絶対数の不足から、中高年への求人も多く、60歳以上でも募集しているケースがかなりあります。

国の年金制度も崩壊しつつあり、支給開始を70歳に引き上げると最近言い始めてみたり、本当に年金がもらえるかどうかも、疑わしいのが事実です

これからの時代は、電検三種のような一生もんの資格がとっても大事になってきます。

電検三種とは

転職に役立つ電検三種

今、居心地の良い会社に勤めていても、会社が定年まで面倒をみてくれる保証は今の時代、どこにもありません。企業の生き残り競争が激しい今日、どんな大会社でも、吸収合併、倒産の危機にさらされていると言えます。

いつ自分が転職を余儀なくされるか、それは誰にもわからない時代なのです。

そうした、いざというときに役立つのが、資格です。
資格は、その人の能力を客観的に証明するもので、資格がなくては転職したくてもできないというケースもよくあることです。

電検三種は、そんな資格の中でも、特に求人が多く、高齢になっても募集している貴重な資格です。
まさに、きびしい時代を乗り切っていくための武器です。

電検三種とは

電検三種は電気の知識ゼロから問題なし!

「電気の知識がない」という理由だけであなたは電験三種をあきらめていませんか?けれども、それは大きな間違いです。

電検三種が国家試験で取得できる以上、そこには必ず何らかの攻略法が存在します。

そして、それには「電気の知識」ではなく「電検三種の受験攻略の知識」が必要なのです。

自分にあった、講座や攻略法を見つけて、一定量の勉強をすれば必ず取れる資格です。がんばりましょう!

電検三種とは

電検三種のメリット(電検三種はお得)

電検三種を持っていると・・・

1種、2種電気工事士ともに学科試験は免除となります。

さらに、1種電気工事士の免状は実務経験により、申請でゲットできます。

電検三種とは

食べていける資格 電検三種

電検三種(第三種電気主任技術者)の免状を取得することで、全国にある電気設備の保安監督者として活躍できます。就職、転職にはとても有利な資格。建設業界、電力業界、マンション管理会社、ビル管理業界などから求人の需要があり、多くの会社では有資格者に対して資格手当を支給しています。電気は、わが国の産業や私たちの生活に欠くことのできないエネルギーであり、その管理者として電検三種(第三種電気主任技術者)は将来的にも有望な資格です。

電検三種とは

電検三種とは(電検三種の仕事)

電気主任技術者(電検三種)の主な仕事は、電気工作物の工事、維持、運用に関する保安監督です。このうち、「第三種電気主任技術者」(
電検三種)は、構内に設置する50kV未満、構外に設置する25kV未満(出力5千kW以上の発電所を除く)の電気工作物を監督することができます。
sen1.gif

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。